クロムハーツ ChromeHearts のレザー(革)について

■クロムハーツレザー(革)

クロムハーツというと、ペンダントやチャーム、ブレスレットなどシルバーアクセサリーを思い浮かべる方も多いと思いますが、元々はバイク用皮革ファッションからスタートしたブランドなのです。
ですから、クロムハーツの革に対する想いは強く、ウォレットやバッグ、コインパースやアパレルなどのレザーアイテムも豊富ですね。
その中でも特に人気の高いクロムハーツのウォレット(財布)には様々な種類のレザーが起用されています。
今回はそんなクロムハーツのこだわりが表れているレザーの種類についてお話したいと思います。

■【皮から革へ】

皮と革、読み方は同じですが意味は異なります。
動物から剥いだままの状態を皮(原皮)といい、そのままでは腐敗してしまい財布などのレザーアイテムを製造する事は出来ません。
そのため、腐敗や変質を防ぐ為の「なめし」という加工を行います。
この加工を経て、皮(スキン)は革(レザー)となり、様々なレザーアイテムへと生まれ変わっていきます。

■【クロムハーツで多く使われているレザー(革)】

なめし加工を施されたレザーをさらに加工する事により様々な質感を持ったレザーを作る事ができます。
現在、クロムハーツのウォレットに使われている主なレザーには
・ヘビーレザー ・デストロイレザー ・ソフトレザー ・パテントレザー ・スウェードレザー ・ヌバックレザー などがあり、それぞれのレザーには特徴や違いがあります。

■【ヘビーレザー】

ベーシックで一番人気のあるクロムハーツヘビーレザーレザー。多くのクロムハーツウォレット(財布)に使われています。
光沢のある厚目のレザーで強度もあり、使う程に馴染んでくるレザーは長く愛用するのに適したレザーです。

クロムハーツ ウェーブウォレット クロスボタン ブラック ヘビーレザー

■【デストロイレザー】

Destroy(破壊する)という意味を持つクロムハーツデストロイレザーは その名の通り、革の表面を研磨して荒く加工した、独特な質感が特徴のレザーです。
凹凸のある表面は光を細かく反射して上質な印象を与えます。

クロムハーツ ウェーブウォレット クロスボタン ブラック デストロイレザー

■【ソフトレザー】

ソフト加工された手馴染みの良いレザー。
光沢感のある柔らかな質感で女性からの支持も高いレザーです。
本来はライトウェイトレザーという名称ですが、当店ではお客様にわかりやすくお伝え、イメージして頂くためにソフトレザーと呼んでいます。

■【パテント レザー】

革の表面をエナメル(樹脂)でコーティングし艶と耐久性を持たせたレザー。
光沢感が強くドレッシーな印象。

■【スウェード レザー】

革の裏側をサンドペーパーなどで擦り起毛させたレザー。
毛足が短く柔らかい程、上質なレザーとされています。
上品な雰囲気を好む方にお勧め。
”スウェード”とは”スウェーデン製”という言葉から由来されています。

■【ヌバック レザー】

スウェードレザーと似た見た目ですがヌバックレザーは革の”表側”を擦って起毛させたレザー。
スウェードよりも毛足が短くしなやかで柔らかい肌触りが特徴です。
ヌバックレザーの語源は「NEO(新しい)BUCK(雄鹿の皮)」が語源とされています。
鹿の革が使われる事が多いですがクロムハーツのヌバックレザーは牛の革を使用しています。
スウェードやヌバックなどの起毛革は専用のブラシやクリーナーでお手入れをする事でより長く愛用して頂けます。

■【クロムハーツのカラーレザー

クロムハーツはシーズンによって、カラフルなカラーレザーをリリースします。
他とは違ったデザインが好きな方や、女性の方にとても人気が有ります。
カラーレザーはシーズンを過ぎてしまうと再入荷やスペシャルオーダーなどをお受けできない場合が多いので気になるカラーレザーアイテムを見付けた時はお早めのご決断をお勧めします。

加工の仕方やカラーの違いなどで、クロムハーツには様々な種類のレザーがあります
アイテムや使用環境によって向き不向きもありますが、どれも創業当初のクロムハーツの魂を引き継いでいる上質なレザーです。
レザーは使う程に味が出て馴染んでくる自分だけのアイテム。持ち主によって違った表情を見せます。
自分にあったベストなレザーを見つけ、エイジング(レザーの変化)を楽しみながら共に時を重ねていきたいですね。